自律神経失調症では、主に以下のような薬が処方されます。 ・自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)調整剤 ・精神安定剤 ・ビタミン剤 ・ホルモン剤 自律神経調整剤は、バランスが崩れている交感神経と副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)を正常化させる薬です。 軽度の症状の場合に使用されるケースが多く、副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)もそれほど強くありません。 ただ、即効性は低く、のんびりと効果が現われるでしょう。 精神安定剤は、気分を落ちつける作用がある薬で、不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)感や倦怠感といった症状を改善することができます。 効き目が強いものから弱いものまで色々な種類がありますが、最初は弱いものから使用されます。 そして、効果を見ながら量を増やしたり、薬を強いものに変更していくだといえます。 副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)が比較的強く、服用する場合は注意が必要なので、必ず医師の指示に従うなさってくださいね。 ビタミン剤は、その名通り、ビタミンを摂取できる薬のことで、自律神経失調症の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)で使用される事が多いようです。 副作用(全くないというわけにはいかないというのが本当のところでしょう)が無い為、安心して服用できるという利点があります。 ホルモン剤は、更年期障害が原因の自律神経失調症を改善するのに使用されています。 ホルモン剤を服用する事で、女性ホルモン(閉経後には分泌量が減り、更年期障害が起こることも多いです)のバランスが整い、更年期障害や自律神経失調症が改善する可能性があるでしょうー